本のまとめ

【意見が浮かばない人必見】水平思考(ラテラルシンキング)で思考力UP

更新日:

こんにちは、nonworks-blog 管理人のFumiyaです。

今回のテーマは、ラテラル・シンキング(水平思考)です。

ラテラル・シンキングは、アイデアを出すために有効な思考法で、人や場所を選ばず活用出来るモノです。

こんな人に読んでほしい
管理者
会議でメンバーからの意見が少なく、アイデアがまとまらない。意見をもっと出させる方法はないか?
個 人
会議の際にいいアイデアが浮かばず、発言出来ない…

ラテラル・シンキング とは?

“ラテラル・シンキング”は直訳すると水平思考。

意味は、「常識に囚われず、広くアイデアを見出す思考法」と思って下さい。

・まずは例題です

ラテラル・シンキングを知るため、まずは例題です。

あなたは製品展示会の主催者です。会場には多くの会社が自慢の新製品を出展しており、イベントは大盛況。しかし、1つ問題があります。大盛況のあまり、開場と同時に参加者はブースに向かって走り出し、怪我人まで出る始末。

主催者として、あなたは開幕ダッシュを辞めさせるために、何をしますか?

・回答例

回答例1:入口にスタッフを置き、走らないよう呼びかける。
回答例2:入場制限を設ける。
回答例3:人気ブースの配置を変え、導線を確保する。

などなど…あなたの考えたものは何でしょうか?

・実はコレ、大阪万博で実際にあった問題です

大阪万博では、開幕と同時にパビリオンに向かってダッシュする参加者が多く、問題となっていました。

先程回答例はどれもロジカル(論理的)に解決策を考えたものです。しかし、莫大な費用や労力が掛かります。それでは、実際に主催者はどうしたか…?

………

……

答えは、「入口でMAPを配布した」です。

参加者は、走りながらマップを読めないため自然に歩きました。その結果、莫大な費用も人件費も掛けず、違った切り口から解決してしまいました。

・アイデアを広げるラテラル・シンキング

このように、

・課題~解決策まで、道筋を立てて論理的に掘り下げるのがロジカル(論理)
・課題の本質を見つめ、アイデアを広げるのがラテラル(水平)

ラテラル・シンキングの鍛え方

物事を多角的に見て、広い解決策を出すためには、ラテラル・シンキングを鍛える必要があります。
方法はいくつかありますが、特に実践しやすいモノを2点挙げます。

①自分以外の当事者になりきる

自分自身が固定概念に囚われていないか、という疑いの目で見る事が大切ですが、そのために有効な方法として、当事者の立場になりきりましょう

先程の例題の場合、多くの人は”入場者は走り出すもの”と決め付け、それを抑える方法のみを考えていました。

“入場者は走り出す”という先入観を捨て、参加者目線で「どういう状態なら走り出さない(走りづらい)だろう」と考え、解決策を見出しました。

②対象を抽象化する

コレは、アイデアを出す練習です。対象物を決め、機能を抽象化する。

例として、「新聞紙」を対象物で考えましょう。新聞紙の機能は何でしょうか?

・最新のニュースを知る
・今日のテレビ放送を知る
更に、「読み物」という概念を取っ払ってみると、
・割れ物を包む
・丸めて靴に入れ、湿気を取る
・布団代わりに羽織り、温まる

いつでもどこでも出来る練習です。物事を多角的に考える練習になるので、ぜひやってみて下さい。普通に楽しいですし(笑)

会議等での使い方-ブレスト-

具体的に会議等で活用するとき、有効な方法があります。
有名な「ブレインストーミング(ブレスト)」です。

・ブレストの4原則

ご存知とは思いますが一応。

ブレストとは個人が自由に意見を出し合い、意見同士の相互を結合させていく会議方式であり、開催する上で4つのルールが有ります。

①判断・結論を出さない(結論厳禁)
②粗野な考えを歓迎する(自由奔放)
③量を重視する(質より量)
④アイデアを結合し発展させる(結合改善)
(Wikipedia-ブレインストーミング- より引用)

・ブレストに、ラテラル・シンキングが必須

このブレストをする上で必要なのが、「ラテラル・シンキング」です。

いくら自由奔放な場でも、意見自体が出ないと進みません。
でも、誰か一人でも「ラテラル・シンキング」が出来る人がいれば、つられて自由な発想が出てくるでしょう。

・あなたが、「ラテラル・シンキング」の第一人者になりましょう

そろそろ記事を終わりにしようと思います。

「ラテラル・シンキング」は、誰が・どんな場所で使っても有効な思考法です。タイトルの通り、会議でアイデアが出ない・出せないと困っている人にはなおさら必要かと思います。

出典

この記事は「ずるい考え方 著:木村尚義(あさ出版)」を参考に記載しております。Kindleから読むことも出来ますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

広告

広告

-本のまとめ
-, ,

Copyright© nonworks-blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.