おすすめツール

【無劣化・無制限】AmazonPhotoが写真クラウドに最適な理由

更新日:

こんにちは、nonworks-blog 管理人のFumiyaです。

高画質カメラを搭載したスマホの登場やデジタルカメラの人気再燃により、写真の価値が再認識されている。筆者も一眼レフやスマホでカメラライフを大いに満喫している一人ではあるが、一方で悩まされるのが、大量の写真データの管理方法。

最近のスマホは大容量化が進んでいる為、ある程度の容量であればスマホ内やPC内に保存しておける。

とはいえ、破損・水没といったリスクを考えると不安ではあるし、一つの端末からしか写真にアクセスできないというのは、前時代に取り残されている感がすごい。

そこで活躍しているのが オンラインストレージ、クラウドと呼ばれるものだ。既にGoogleDrive・iCloud等を利用している方も多いだろう。

AmazonPhotoとは

 

 

かの有名なAmazonが提供する写真クラウドストレージのこと。

“Photo” と銘打ってるがその実態は、同社サービスの”AmazonDrive”が主体となったシステムである。

AmazonDriveの指定フォルダに保存された画像を、AmazonPhotoで表示/DL/アップロードを実行できるだけ。構造的には非常にシンプルなので、PC上でのデータ管理に通じる部分がある。

話が少しそれたが、AmazonPhotoは、言うなれば AmazonDrive 専用の画像ビュワー である。

他ストレージとの比較

世間には、非常に多くのオンラインストレージサービスが存在している上に、それぞれ独自性を持ったプラン構成がされている。

主要なストレージサービスをざっくりとまとめたものが下の表である。

 

料金と容量だけをまとめたが、OneDriveやGoogleドライブにはストレージ以外にも付帯サービスが存在する。

付帯サービスについては各自HPで確認してほしい。

(というか無料ストレージ枠でどこも5GBなのはなぜ???)

AmazonPhotoを使用するメリット

以上の比較結果を踏まえて、僕がAmazonPhotoを画像ストレージに推すポイントを下記の通りまとめる。

AmazonPhotoのここがすごい

1  写真であれば容量無制限:500円/月 という高コスパ
2  無圧縮(無劣化)で画像保存ができる
3  RAWフォーマット対応
4  シンプルなUI かつ 必要十分な検索能力

 

1,2に関しては、見ての通りなので詳しい説明は省略する。

詳細1:Rawフォーマット対応 について

そもそもスマホ画像を使用しているレベルの方には関係ない話なので、読み飛ばしても問題ない

超簡単に説明すると、後から明るさや色の濃さを編集しても、画質の劣化が少ないデータ形式がRawであり、カメラマンの間ではよく知られたフォーマット
その分、データ容量が多い

画像データとして扱われないことも多いRawだが、AmazonPhotoはRaw形式に対応しているため、jpeg同様サムネイルが表示され、管理が容易

詳細2:シンプルUI・検索能力について

上の図は、AmazonPhotoのUI。
シンプルで操作性の良いUIだし、GoogleドライブやOneDrive等の有料ストレージサービスと比較しても必要十分な検索機能を持っている。

フィルタリング機能をざっくり記載すると、
・撮影日
・対象物(動物、木、ペット etc…)
・人物名 ※要、名前登録
・場所
など。

例えば、検索欄に「猫」等と直接入力しても、サービス上で自動的に猫を選別して、表示してくれる。
最近のスクレイピング能力ってすごい

(21/3/30 補足追加)

ブラウザ版を紹介していますが、Upload/Downloadに関してはPCソフト版が使いやすいので紹介しておきます。

詳細3:アップロードはPCアプリからが◎

 

アップロードはブラウザ版のApazonPhotoでも可能だが、複数枚の同時アップロードに対応しておらず、速度が遅い。

一方、PCアプリ版は最大同時アップロード数を最大8件 同時に実行できる。

画像のダウンロードは、ブラウザ版よりPCアプリを使用するのが良い。

 

 

注意してほしい点

AmazonPhotoは基本的に最強だと思っているが、使用上の注意点もある。
使用しながら気付き次第追記していく予定だ。

最終更新:2021/3/27

無制限は写真のみ。動画は5GB上限

AmazonPhotoに無制限保存できるのは写真のみ。
その他、動画ファイルは5GB上限。

あくまで、写真ストレージのみの使用と割り切って使用してほしい。

どうしても5GBを超えて使用したい場合は、250円/月 の課金が必要

 

写真ストレージとしては、Prime会員付帯のAmazonPhotoが最強

 

他ストレージが容量の切り売りをしているところ、AmazonPrime会員は無制限・無劣化の写真ストレージを 500円/月 で使用できるという大盤振る舞い。

もちろん、送料無料サービス・PrimeVideo(VOD無料)・PrimeReading(電子書籍無料) といったサービスも付帯される。
Prime特典については、以下を参照してほしい。

Prime会員特典ー詳細はこちらから

以上の情報を参考に、素晴らしいカメラライフの手助けとなれば幸いです。

広告

広告

-おすすめツール
-,

Copyright© nonworks-blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.